ウエディングドレスと海外挙式

バリ島でウエディングする場合に、ウエディングドレスをどのように持参するかは、要チェックポイントです。例えば、ウエディングドレスを2着お色直し用も含め、持参する場合には、自分以外の誰かに持参を頼むことがあるかもしれません。

しかしながら、自分以外の誰か(家族、親など)に頼んだ場合、その人が事故や病気、都合が悪くなった場合も想定しておく必要があります。そのようなアクシデントは誰にでも起こる可能性があるからです。そのようなことを考えると、事前に海外の式場に郵送で送ってしまうことがより良い策と言えるでしょう。

海外挙式ですと、挙式に招待する人の数も少ないケースもありますので注意が必要です。また、お色直しのウエディングドレスは式場の雰囲気に合うかどうかは重要なポイントですが、海外ウエディングの場合、式場の見学が難しいケースもあります。お色直しのドレス選びはバリ島に何度も訪れているウエディングプランナーなどと相談しながら決めることにしましょう。また、知り合いでバリ島で結婚式をした人がいる場合には、現地の様子などもヒアリングし、本番のイメージを膨らませておくことも重要です。経験者の情報は思いがけず重要な情報が入って来ます。ぜひ、自分以外の人の力も上手く使って、良い式をつくって行きましょう。

ウェディングドレス選び

結婚式のウェディングドレス選びでは、素材にこだわったハイクオリティなウエディング・ドレスを選びたいところです。本物を知る大人の花嫁から常に注目を集めるウェディングドレスでは、時を経ても変わらない美しさをもつ、洗練されたクラシックスタイルに、空気感や甘さなど、今を感じるエッセンスをプラスした.ドレスが人気です。クラシカルでエレガント、それでいてどこかに軽やかさや可愛らしさを感じさせるデザインも人気があります。上質な素材によってつくり出されるドレスは、こだわり派の花嫁にこそ着てほしい洗練された美しさに満ちているので選びたいところです。

→おすすめのレンタルドレスなら、レンタルドレスのプチラパン

いかにもウエデイング・ドレス!というよりも、もっとさりげなくてファッション性の高いスタイルがお酒落な花嫁に人気を呼んでいます。欧米デザイナーの最新のインポートドレスを中心に、モダンで洗練されたうデザインは、新鮮な感覚にあふれて。最先端をいくモード感はあるもののナチュラルヘアスタイルやさらりとした小物づかいなど頑張りすぎない、どこかヌケ感のあるスタイリングがおすすめです。